財団法人 会津若松観光公社     ホームに戻る english
管理施設概要 鶴ヶ城 茶室麟閣 御薬園 町方伝承館 松平御廟 背あぶり山

会津の歴史概要
戦国時代
佐原・葦名時代
伊達政宗時代
蒲生氏郷時代
上杉景勝時代
江戸時代
再蒲生氏時代
加藤氏時代
保科・松平時代
家訓15か条
日新館
幕末
幕末・戊辰戦争
白虎隊・1
白虎隊・2
白虎隊・3
白虎隊・4
白虎隊・5
白虎隊・6
白虎隊・7
Q&A よくある質問
HOME

国指定名勝松平氏庭園
  慶応4年(1868)正月、朝廷から幕府を うつ命令がでて 新政府軍は ぞくぞくと東にすすみました。そして、4月には ついに将軍、徳川慶喜は江戸城をあけわたしました。
 300年もつづいた長い幕府政治は終わりをつげ、、古いものは くずれさって 新しい時代へと世の中は 大きく変わろうとしていました。

  その後、悲惨な戦を避けようとする、会津藩をはじめ、東北各藩の連合の願いも聞き入れられず、やがて新政府軍は、会津にむかって、四方からとりかこむようにして、大軍をすすめてきました。
  会津が幕府方の大きな勢力を持つ藩だから、どうしても攻めほろぼさなければならないというのです。

  ついに、会津藩もこの新政府軍の侵入を防ぐため、決然とたちあがることになりました。
 風をまきおこし、砂ぼこりをあげて、矢のように早馬が町の中をかけぬけて城内にはいってゆきます。四方の国境に新政府軍が近づいた という知らせです。こうして、若松城下は戦争の不安につつまれ、戦いの準備に一層さわがしくなっていきました。

  会津藩では、以前から天下の形勢によって戦争がおこる ことを考えていました。ですから、鳥羽伏見の戦いの反省から、慶応4年3月の軍制の改革にとりかかっていました。いままでの古いやり方を新しいフランス式のものに なおしたのです。

 それには、あくまで戦力に重きをおいて、次のように年齢によって組織をあらためたばかりでなく、武器や弾薬の買い入れにも力をそそぎました。

1、玄武隊(げんぶたい):50歳以上
1、青龍隊(せいりゅうたい):49歳以下、36歳まで
1、朱雀隊(すざくたい):35歳以下、18歳まで
1、白虎隊(びゃっこたい):17歳以下15歳まで※のちに16歳まで
他に、幼少組:15歳、14歳)
 
 このうち、もっとも強い 朱雀隊を主力として第1線にくりだし、それに続く、青龍隊に国境をまもらせ、玄武隊、白虎隊、幼少隊は その後備えにとっておく方針でした。
 5月になりますと、攻めてくると新政府軍にたいして、どのように防いだらよいか、お城のなかでは毎日のように、評議(相談する会議)が重ねられました。けれども全部を合わせても15000~16000人しかいない、兵では思うようには いきませんでした。

| HOME | 管理施設概要 | 鶴ヶ城 | 茶室麟閣 | 御薬園 | 松平御廟 | 町方伝承館 | 一般財団法人 会津若松観光ビューロー
| 企画展・常設展 | 会津の歴史 | イラストで見る歴代会津藩主 | 会津城下町散策のご案内 | 定点(定時)カメラ |
| ボランティアガイド | 城下町レンタサイクル | 鶴ヶ城の桜情報 | よくある質問 | 交通アクセス | 会津の交通情報 |
| リンク集
|
〒965-0873 会津若松市追手町1-1 
TEL:0242-27-4005 FAX:0242-27-4012

(観光情報のお問い合わせは)
〒965-0873 会津若松市追手町5-10-2F
TEL:0242-23-8000 FAX:0242-23-9000
サイトポリシー お問い合わせメールフォーム

Copyright (c) 2014 一般財団法人 会津若松観光ビューロー all rights reserved.