財団法人 会津若松観光公社 ホームに戻る english Chinese Korean
管理施設概要 鶴ヶ城 茶室麟閣 御薬園 町方伝承館 背あぶり山 松平御廟

会津の歴史概要
戦国時代
佐原・葦名時代
伊達政宗時代
蒲生氏郷時代
上杉景勝時代
江戸時代
再蒲生氏時代
加藤氏時代
保科・松平時代
家訓15か条
日新館
幕末
幕末・戊辰戦争
白虎隊・1
白虎隊・2
白虎隊・3
白虎隊・4
白虎隊・5
白虎隊・6
白虎隊・7
Q&A よくある質問
HOME

国指定名勝松平氏庭園


 Q.鶴ヶ城と若松城はおなじですか?
 
おなじです。

 そして、どちらも間違いではありません。ふつう、お城の名前には、そのお城がある地名をつけて呼びます。
 会津の場合は昭和9年に、国の史跡(しせき)として指定された時「若松城跡」で指定されたため、公的機関(こうてききかん)を中心に「若松城」と呼ぶことが多いようです。
 では、なぜ、鶴ヶ城とよぶのでしょうか?
 それは、今から約400年前に会津のお殿様だった蒲生氏郷公(がもううじさとこう)が会津のお城を「鶴ヶ城(つるがじょう)」と名づけたからです。
 なぜ、鶴ヶ城となづけたのかは、いろいろな説がありますが、それからずっと「鶴ヶ城」と呼ばれ親しまれています。
 このように、『鶴ヶ城』ひとつをとっても、いろいろな呼び方があります。

上へ戻る ▲


 Q.お城の中にお殿様は、すんでいたんですか?
 
住んでいませんでした

 ふつう、お殿様は、お城のすぐ下にある、屋敷(やしき)にすんでいました。お城に入るときは、戦(いくさ)になった時などです。
本丸のなかは今、何もありませんが明治7年に取り壊されるまで、図のようにお殿様やお姫様が住む大きな屋敷がありました。
お屋敷には「大広間(おおひろま)」「大書院(だいしょいん)」「御寝所(ごしんしょ)」などと よばれる部屋がいっぱい ありました。
また、このほか、「御文庫」「御三階」と呼ばれる建物や復元移築(いちくふくげん)されている、お茶室(麟閣)などもありました。

上へ戻る ▲


 Q.お城には 桜の木が何本(なんぼん)ありますか?
 
約1000本あります。

 おおくは「ソメイヨシノ」ですが、八重桜(やえざくら)や長野県高遠町(ながのけんたかとうまち)から寄贈(きぞう)された、「コヒガンザクラ」なども きれいな花を咲かせてくれます。
みごろは毎年4月中旬から2週間程度です。
また、鶴ヶ城のさくらは「全国さくらの名所百選(めいしょひゃくせん)の地」にも指定されています。

上へ戻る ▲


 Q.鶴ヶ城の広さは どのくらいありますか?
 
約8万7千坪あります

東京ドームの約6倍の広さです。
 ただし これは、現在、史跡に指定されている 広さですので、江戸時代はもっと広かったと思われます。
※上の図の三の丸は現在では、そのほとんどが県立博物館となっております。

上へ戻る ▲


 Q.鶴ヶ城の大きさはどのくらいありますか?
 

●石垣から天守閣の一番高いところまで、36.5メートルです
●天主台(石垣だけ)の高さは11メートルです
●天守閣だけの高さは25.15メートルです

上へ戻る ▲

 


 Q.今のお城はいつ建てられたの?
 

昭和40年完成の『鶴ヶ城天守閣』
復元時の様子。
昭和40年9月に復元されました

江戸時代からあった天守閣は、幕末の戊辰戦争で傷んでしまったので、明治7年に取り壊されてしまいました。
現在のお城は昭和40年9月に復元されたものです。

鶴ヶ城は葦名直盛が1384年に建てた東黒川館がはじまりと言われています。 その後、何度か建て直され、江戸時代の1693年に加藤明成が建てた時に、今の形になりました。

上へ戻る ▲


 Q.今のお城は 何でできていますか?
 
鉄筋コンクリートでできています。

鉄筋コンクリートでできており、天守閣全体を4本の柱だけで支えています。このため、天守閣の土台である石垣には、おもさがかかっていません。

もちろん、江戸時代の天守閣は木造でした。

上へ戻る ▲


 Q.会津藩は何万石だったんですか?
 
一番多い時は120万石

 一番多いときは、上杉景勝(うえすぎかげかつ)が会津のお殿様だったころで、このときは、とおく佐渡島(さどがしま)のほうまで、会津の領地(りょうち)でした。しかし、お殿様が かわるたびに、会津の領地もかわり、江戸時代がおわるころは、23万石でした。

上へ戻る ▲


 Q.白虎隊の人たちは 何歳だったんですか?
 
16歳~17歳でした

16歳から17歳といっても、当時は「かぞえとし」だったため、今でいえば、15歳から16歳ということになります。(中学校3年生~高校1年生)
この少年たちが故郷である「会津」をまもるため若い命をちらしていったのです。
参考 >>白虎隊のお話

上へ戻る ▲


 Q.新撰組は会津にきたんですか?
 
きました

特に、副隊長の土方歳三は七日町の清水屋という旅館にとまり、傷を癒していますし、3番隊長の斎藤一も市内の如来堂という所で戦っています。
また、市内の天寧寺(てんねいじ)には、隊長の近藤勇の墓もあります。

上へ戻る ▲


 Q.麟閣はなんとよみますか
 
りんかく と読みます。

麟閣は、本丸内にある、お茶室です。

上へ戻る ▲


 Q.『御薬園』は、なんと読みますか
 
おやくえん と読みます。

御薬園は会津藩主のお庭・別荘です 
むかし、江戸時代に薬用人参を試植し、ひろく奨励したことから、このように薬の字がはいった、名前でよばれるよになりました。

上へ戻る ▲



| HOME | 管理施設概要 | 鶴ヶ城 | 茶室麟閣 | 御薬園 | 松平御廟 | 背あぶり山 | 町方伝承館 | 一般財団法人 会津若松観光ビューロー
| 企画展・常設展 | 会津の歴史 | イラストで見る歴代会津藩主 | 会津城下町散策のご案内 | 定点(定時)カメラ |
| ボランティアガイド | 城下町レンタサイクル | 鶴ヶ城の桜情報 | よくある質問 | 交通アクセス | 会津の交通情報 |
| リンク集
|
〒965-0873 会津若松市追手町1-1 
TEL:0242-27-4005 FAX:0242-27-4012

(観光情報のお問い合わせは)
〒965-0873 会津若松市追手町5-10-2F
TEL:0242-23-8000 FAX:0242-23-9000
サイトポリシー お問い合わせメールフォーム

Copyright (c) 2014 一般財団法人 会津若松観光ビューロー all rights reserved.