財団法人 会津若松観光公社     ホームに戻る english
管理施設概要 鶴ヶ城 茶室麟閣 御薬園 町方伝承館 背あぶり山 松平御廟

御薬園トップ
御薬園からのお知らせ
修学旅行向け体験コース
園内マップ
御薬園の歴史
御薬園の植物
健康茶・ごま羊羹
秩父宮妃勢津子殿下ゆかりの「想ひ出の部屋」とTea Room
ホーム


国指定名勝松平氏庭園
 御薬園は会津特産の薬用人参をはじめ、約400種にも及ぶ薬草、薬木が植栽されています。
 また季節ごとに様々な花を楽しむことができます。ここでは、御薬園で見ることの出来る代表的な花を季節ごとに御紹介します。
春 の 花

ボタン(牡丹)
■ボタン科 ■見頃・5月
中国で古く薬用として伝来しました。改良されて、花の美しい園芸種が多くできました。薬用となるのは根の皮部で、牡丹皮と称しおもに婦人病の薬として用いられています。消炎・浄血・鎮痛の薬効があります。


夏 の 花

ハス(蓮)
■スイレン科 宿根草 ■見頃・7月下旬~8月
インドが原産地で、日本には古く中国から渡来し、池や沼で観賞用に、また、食用とする根茎(蓮根)を収穫するためにも栽培される。花は、明け方、水上に抜き出た長い花柄の頃に1個、まれに2個、おおきな多弁の美しい花を咲かせます。

ノウゼンカズラ(凌霄)
■ノウゼンカズラ科 ■見頃・7月下旬~8月
中国原産で平安時代に日本に渡来しました。蔓性の落葉樹で茎から付着根を出し、他物によじ登ります。盛夏に黄赤色の広い漏斗状の花が咲くので目立ちます。おもに観賞用として栽培しますが、花は薬用にもなり、利尿・経通に効果があります。


秋 の 花

ツリガネニンジン(釣鐘人参)
■キキョウ科 ツリガネニンジン属 
■見頃・9月~10月

花が釣鐘状で、チョウセンニンジンに似た根をもつところから付いた名前です。薬用としては、晩秋に掘り取った根を日干しにし、煎じて、痰切りに服用します。春先の若葉は、おひたし、花は酢の物、根は油炒めなど食用としても用いられます。

シュウメイギク(秋明菊)
■キンポウゲ科アネモネ属 ■見頃・10月~11月
中国、台湾が原産で、日本には古く中国より渡来し、観賞用に栽培され、また野生化したものです。秋にキクに似た花を咲かせるところからこの名がつきました。英名のジャパニーズ・アネモネは、最初に日本で発見されたために付いた名です。



| HOME | 管理施設概要 | 鶴ヶ城 | 茶室麟閣 | 御薬園 | 松平御廟 | 背あぶり山 | 町方伝承館 | 一般財団法人 会津若松観光ビューロー
| 企画展・常設展 | 会津の歴史 | イラストで見る歴代会津藩主 | 会津城下町散策のご案内 | 定点(定時)カメラ |
| ボランティアガイド | 城下町レンタサイクル | 鶴ヶ城の桜情報 | よくある質問 | 交通アクセス | 会津の交通情報 |
| リンク集
|
〒965-0873 会津若松市追手町1-1 
TEL:0242-27-4005 FAX:0242-27-4012

(観光情報のお問い合わせは)
〒965-0873 会津若松市追手町5-10-2F
TEL:0242-23-8000 FAX:0242-23-9000
サイトポリシー お問い合わせメールフォーム

Copyright (c) 2014 一般財団法人 会津若松観光ビューロー all rights reserved.