どこまでも深として
たゆとう水面に変化に富む樹景が造りあげる
四季のみごとな移ろい
霊泉の地に重ねられた
六〇〇余年の時に心洗われ癒される
おん薬の園

国指定名勝会津松平氏庭園 御薬園

代々会津領主が愛した別荘地
六三〇余年の會津の歴史と
育んだ御薬園

御薬園の歴史は古く、約六百年前に遡ります。
室町時代、会津守護職の葦名盛久が霊泉の沸くこの地に別荘を建てたのが始まりです。
その後、会津松平藩の藩祖保科正之公が大名庭園として整備したことを皮切りに、
二代藩主正経は、疫病から領民を救い病気の予防や治療などに使用する
薬草の研究のために薬草園を設けました。
代々の会津松平藩主は、薬草園の整備、朝鮮人参の栽培奨励と海外貿易など、
ここ御薬園を舞台に会津文化を花開かせたのです。

時代を見つめ続けた日本伝統の大名庭園

御薬園の庭園と建物

約一・七ヘクタールの敷地の中央に
心字の池を有する回遊式大庭園。
時代の流れや四季のうつろいと共に
安らぎと癒しのひとときをお過ごしいただけます。

現代まで大切に受け継がれている薬草の郷

薬草園と季節の植物

会津藩二代目藩主保科正経が領民を疫病から救うためにつくった薬草園は
三代藩主松平正容が朝鮮人参を試植し、
その栽培を民間に広く奨励したことから、御薬園とよばれるようになりました。
今でも、約四〇〇種類の薬木薬草が大切に受け継がれ守られています。

歴史の香る庭園で癒しのひとときを

御薬園での愉しみ方

日常の喧騒から離れ、歴史と自然に触れながらの散策や
歴史を学ぶ体験、会津の郷土品・薬草茶などのお買い物等
御薬園でのひとときをお愉しみください。

御薬園公式インスタグラムで
最新情報を発信しています
国指定名勝 会津松平氏庭園 御薬園
開園時間 8:30~17:00(入園締め切りは16:30)
定休日/休業日 無休
入園料金
<個人> 大人330円 高校生270円 小中学生160円
<団体 30名以上> 大人270円 高校生220円 小中学生120円
※障がい者の方は障がい者手帳ご提示でご本人無料となります。
駐車場 普通車40台(無料)
〒965-0804 福島県会津若松市花春町8-1
TEL: 0242-27-2472
メールでのお問い合わせはこちら >